fbpx

グロース・キャピタル、経済産業省の 「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関する ガイダンス」策定に研究会委員として参画
2022.04.27

上場ベンチャーの事業成長を促す「攻めのファイナンス」を支援するグロース・キャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:嶺井政人、以下グロース・キャピタル)は、代表取締役CEO嶺井が経済産業省の「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関するガイダンス」策定に研究会委員として参画したことをお知らせいたします。

「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関するガイダンス」概要

本ガイダンスは、経済産業省がスタートアップのさらなる成長を後押しするため、成長のドライバーとして重要であるファイナンス戦略において、経営者やCFOが長期的な成長イメージを持っていただくことを目的として、シード期からIPO後までのファイナンスの全体像を取りまとめた資料になります。

詳細は、以下の経済産業省のウェブサイトよりご確認ください。
https://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/financeguidance.html

参画の背景

今回、代表の嶺井は、経済産業省による「スタートアップの成長に向けたファイナンスに関するガイダンス」策定に際し、下記2点を評価いただき、研究会委員としてガイダンスの骨子検討や、内容の議論、論旨の確認に携わりました。

  1. 嶺井自身の未上場、上場、そして上場後のベンチャー企業経営に携わった経験
  2. グロース・キャピタルが上場ベンチャーへの資金調達および調達後の成長支援を行ってきた知見と手腕

グロース・キャピタルは、経済産業省が発信する、「我が国の経済成長を生み出していくためには、社会課題の解決に果敢に挑戦する企業が、イノベーションの担い手になっていくことが不可欠」という考えに賛同し、今後もベンチャー企業が上場後も成長を果たし日本経済に好影響を与えていくことに貢献してまいります。

グロース・キャピタル株式会社について

グロース・キャピタルは、ベンチャー企業が上場後も非連続な成長を達成することを支援します。業務提携を通じて、株式を活用した資金調達および調達資金を活用したM&A・スタートアップ投資・新規事業・マーケティング等の成長戦略についても支援・実行を行うことで、上場後のベンチャー企業が成長をさらに加速し、日本およびグローバルのトップ企業となることに貢献します。

グロース・キャピタル代表プロフィール

嶺井政人

早稲田大学在学中にマーケティングソリューションを提供する株式会社セールスサポートを創業し、ネオマーケティングへ売却。2009年、モルガン・スタンレー証券に入社し、投資銀行部門およびクレジットリスク管理部門で主にテクノロジー企業の資金調達や格付 業務に従事。2013年、マイネットCFOに就任。ファイナンスおよびマーケティング分野を中心に事業の成長を牽引、東証マザーズに上場。その後2016年より副社長に就任し東証一部上場を実現。2019年4月、グロース・キャピタルを設立。

会社概要:グロース・キャピタル株式会社

設立:2019年4月1日
代表者:嶺井政人
所在地:東京都港区南青山3丁目8番40号 青山センタービル 2F

本件に関するお問い合わせ先

グロース・キャピタル株式会社 PR 事務局(ビルコム株式会社内) 担当: 倉地・笹森
TEL:03-5413-2411 FAX:03-5413-2412 Mail:g_capital@bil.jp

本リリースに掲載された内容は発表日現在の情報です。
※メディア関係者様のイベントのご参加並びにご取材は、事前に記事化に際しての条件をお伝えし、ご了承いただいた方に限定させていただきます。フォームよりお申し込みのメディア様には上記担当より、個別でご連絡させていただきます。