fbpx

グロース・キャピタル、東証再編をキッカケに 高い成長を目指す上場ベンチャー企業向け、新サービスを提供開始
2022.04.04

~ベンチャー企業の成長を阻む”上場後の成長の谷”克服を「IR/経営支援・調達」で支援~

上場ベンチャーの事業成長を促す「攻めのファイナンス」を支援するグロース・キャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:嶺井政人、以下グロース・キャピタル)は、高い成長を目指す上場ベンチャー企業向けに新たな2つのパッケージサービス、「IR支援・調達」パッケージと、「経営支援・調達」パッケージの提供を開始し、第1号案件として株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:冨塚優、以下、イオレ)が「IR支援・調達」パッケージを採用決定したことをお知らせします。

本サービスの概要

本サービスは、上場ベンチャー企業を対象に「戦略的IR支援」(Growth IR※の提供)+株式での資金調達、または「経営支援」(グロース・パートナーによるアドバイス)+株式での資金調達をそれぞれパッケージ化した支援サービスです。

※Growth IR:グロース・キャピタルが提供する上場ベンチャー企業の各成長フェーズをカバーするIR支援サービス

上場ベンチャー企業の成長ステップ

上場ベンチャー企業が成長を継続していくには市場で適切な評価を受け、その評価を基に資金調達を実施し、調達資金を活用して成長戦略を実行。そして成長を実現し、その成長を市場から評価され、また次のサイクルに入っていくというループが肝要です。

上場ベンチャー企業の成長ステップにおける課題

上場ベンチャー企業が成長を重ねていく上での課題に、適切な株価でスムーズに資金調達が行いづらいこと、また資金調達ができても、競争に打ち勝つためのM&A、新規事業、大規模なマーケティング等、大胆な打ち手を実施するためのケーパビリティが不足していることが挙げられます。

グロース・キャピタルはこれらの課題へのソリューションとして2つの新サービスパッケージの提供を開始します。

上場ベンチャー企業の課題を解決する2つの新サービスパッケージ

1. IR支援・調達パッケージ[上場ベンチャーの各成長フェーズをカバーするIR支援]

株式での資金調達及び、各成長フェーズにあわせた戦略的IR支援を実施。

2. 経営支援・調達パッケージ[グロース・パートナー]

株式での資金調達及び、上場ベンチャー企業の成長戦略における各分野に明るいグロース・パートナーとともに、成長戦略の実行を支援。

トップクラスの外部パートナーによる月次の経営アドバイス
    • 新規事業

    株式会社アルファドライブ 代表取締役社長
    元リクルート インキュベーション部門統括

    麻生 要一

    • マーケティング
    • ターンアラウンド

    株式会社ファミリーマート
    エグゼクティブ・ディレクター、CMO
    元日本マクドナルドCMO

    足立 光

    • スタートアップ投資

    株式会社CAMPFIRE 代表取締役
    ベンチャーキャピタル「NOW」代表

    家入 一真

    • IR

    マーケットリバー株式会社 代表取締役
    元楽天 IR部長

    市川 祐子

    • IR

    MIHアドバイザリー株式会社 代表取締役
    元モルガン・スタンレー、JPモルガン、ドイツ証券 コーポレートアクセス部統括

    牧 知秀

  • 他複数の個人や法人のグロース・パートナー

新サービス提供の背景

2021年8月にグロース・キャピタルと一橋大学大学院経営管理研究科教授の鈴木健嗣氏が共同で発表したレポート※ より、ベンチャー企業の1/4が上場後の”成長の谷”の存在に苦しんでいることが明らかになりました。今回の東証再編でJPX(日本取引所グループ)は、グロース市場上場企業に対して「企業価値向上の動機付け」を目的とした3つの制度変更(『事業計画及び成長可能性に関する事項』の年1回以上の開示義務化、上場維持基準の厳格化、市場の鞍替えのハードル)を行います。この制度変更は今まで以上に企業に成長を求めるものとなっており、上場ベンチャー企業はこの東証再編をキッカケとして一層の成長を目指すことが推察されます。
こういった状況の中で、グロース・キャピタルはこれまでの上場ベンチャー企業支援により培った知見、サービス提供体制を基に、各分野トップクラスの外部パートナーとともに高い成長を目指す上場ベンチャー企業に向けて、新サービスの提供を行うことを決定いたしました。

※一橋大学 鈴木健嗣教授/グロース・キャピタル『上場後の成長の谷に関する共同研究レポート』(2021年8月)より
https://www.gckk.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/report0830.pdf

イオレ 「IR支援・調達」パッケージ採用の背景

この度、イオレはグロース・キャピタルの新サービス「IR支援・調達」パッケージの採用を決定いたしました。

イオレは約700万人が利用するグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」をはじめとした各種サービスを提供する東京証券取引所「グロース市場」に上場するベンチャー企業です。同社は今後の一層の成長に向け、投資家とのコミュニケーションの強化、及び積極的な成長投資が必要であると考え、「IR支援・調達」パッケージの採用を決定いたしました。

イオレの抱えていた課題

上場ベンチャー企業である同社は、ノウハウを有するIR専任者が採用市場において少なく、今後の更なる企業価値向上に資するエクイティストーリーの伝え方など投資家との適切なコミュニケーションを自社のみのリソースで行っていくことに課題感を感じておりました。

グロース・キャピタルの新サービスを採用した主な理由

資金調達のみならず、①戦略的IR支援を通じてターゲット投資家の定義から、投資家の行動パターンに合わせた施策定義の策定や実行支援まで、グロース・キャピタルが伴走することで、IRスキルやノウハウがイオレ社内に蓄積できる点、②上場ベンチャー企業の経営経験のあるグロース・キャピタルのメンバーが戦略のディスカッションパートナーとなる点の2点に魅力を感じ、採用を決定しました。

イオレ 代表取締役 冨塚 優氏 からのコメント

今回の資金調達により、弊社のポテンシャルを活かした新規事業開発を行える資金調達に目途がつきました。
今後は、グロース・キャピタル社の戦略的IR支援のもと、個人投資家との適切なコミュニケーションを通じて、当社の企業価値の向上をより積極的に行ってまいりたいと思っております。

グロース・キャピタルは「IR支援・調達」パッケージの提供を通じて、イオレ社の一層の成長を支援してまいります。

グロース・キャピタル株式会社について

グロース・キャピタルは、ベンチャー企業が上場後も非連続な成長を達成することを支援します。業務提携を通じて、株式を活用した資金調達および調達資金を活用したM&A・スタートアップ投資・新規事業・マーケティング等の成長戦略についても支援・実行を行うことで、上場後のベンチャー企業が成長をさらに加速し、日本およびグローバルのトップ企業となることに貢献します。

グロース・キャピタル代表プロフィール

嶺井政人

早稲田大学在学中にマーケティングソリューションを提供する株式会社セールスサポートを創業し、ネオマーケティングへ売却。2009年、モルガン・スタンレー証券に入社し、投資銀行部門およびクレジットリスク管理部門で主にテクノロジー企業の資金調達や格付 業務に従事。2013年、マイネットCFOに就任。ファイナンスおよびマーケティング分野を中心に事業の成長を牽引、東証マザーズに上場。その後2016年より副社長に就任し東証一部上場を実現。2019年4月、グロース・キャピタルを設立。

会社概要:グロース・キャピタル株式会社

設立:2019年4月1日
代表者:嶺井政人
所在地:東京都港区南青山3丁目8番40号 青山センタービル 2F

本件に関するお問い合わせ先

グロース・キャピタル株式会社 PR 事務局(ビルコム株式会社内) 担当: 倉地・笹森
TEL:03-5413-2411 FAX:03-5413-2412 Mail:g_capital@bil.jp

本リリースに掲載された内容は発表日現在の情報です。
※メディア関係者様のイベントのご参加並びにご取材は、事前に記事化に際しての条件をお伝えし、ご了承いただいた方に限定させていただきます。フォームよりお申し込みのメディア様には上記担当より、個別でご連絡させていただきます。